メタルエンボッシングアートとは?

メタルエンボッシングアートは、ロシア・ヨーロッパで何世紀も前からその技術が職人たちによって伝承されてきました。その中でよく知られているのが「イコン」です。キリスト正教で崇拝されるキリスト・マリア・聖者像や聖伝の場面 を描いた聖画像にこのテクニックが使われました。

特殊な銀色のメタルエンボッシングシートに、独特な工具とテクニックを用いて、裏表にエンボッシングをして、装飾的な模様を施して作品を仕上げていきます。微妙な力加減で浮き彫りされた繊細なデザインが、不思議な光沢と輝きをみせてくれます。
銀色のモノクロームの世界は落着いた大人の雰囲気をかもし出します。

このメタルエンボッシングアートは、1992年、マグダリーナ・バリーナによって現代的にアート化され、メキシコ・ラテンアメリカで新しいクラフトとして広まりました。その後、2002年、アメリカにおいてもセミナーが開かれ、SDPショーなどでも密かなブームとなり、その魅力が語られ広がりをみせています。

創ったメタルアートをフレーム、家具、アルバム、バッグ、キャンドルに貼るなど、トールペインティングにこのメタルエンボッシングを組み合わせることによって、かつてない重厚で豊かな質感のある作品を生み出すことができます。
metal-image4.jpgmetal-image5.jpg
(写真左デザイン:はりのけいこ  写真右デザイン:マグダリーナ バリーナ)
基本のテクニック

ステップ1 1.
トレーシングペーパーにピグマで図案を写します。
ステップ2 2.
メタルエンボッシングシートに図案を写します。
ステップ3 3.
スウェードの上にピューターシート裏返して置き、ラインをなぞります。
ステップ4 4.
鼻をスタイラスで押しだし、目や口をかきます。
ステップ5 5.
顔やボディの立体を出します。
ステップ6 6.
メタルエンボッシングシートを表にし、リファイナで形を整えます。
ステップ7 7.
リファイナで細かいスクロールを描くようにして背景を作ります。
ステップ8 8.
メタル用フィリングペーストをペインティングナイフで埋めます。
ステップ9 9.
適当なサイズにハサミでカットします。
ステップ10 完成!