日本メタルエンボッシングアート協会 会則

jMEA日本メタルエンボッシングアート協会 会則

第1条 名称

  1. 本会は、日本メタルエンボッシングアート協会と称する。
    (英文名:Japan Metal Embossing Art Association 「略称JMEA」)

第2条 本部

  1. 協会の本部は、千葉県柏市・株式会社アシーナ内に置く。

第3条 基本理念・目的

  1. ロシア、ヨーロッパで伝承され、メキシコで新しいクラフトとして誕生した「メタルエンボッシングアート」を日本において、指導者の育成を図り、健全な普及発展に努める。
  2. 会員および本部は、このクラフトの創作活動、教室の運営がスムースに稼動するように相互努力し、会員の技術の向上と親睦を目的とする。

第4条 会員

  1. 本会の会員の種類は次の3種類とし、最初は一般会員からの入会とする。

    ①一般会員 (入会し、講師養成クラスを受講中又は終了した者)
    ②講師(インストラクター)会員 (講師養成クラスを終了後、講師認定を受けた者又は師範養成クラス受講中の者)
    ③師範(マスター)会員 (師範養成クラスを終了し、師範認定を受けた者)

  2. すでに講師会員と同等以上の技術及び経験があるものについては、本人作品5点以上を協会に提出の後、協会審議の上、認定セッションを受けることができる。認定セッション合格者は、講師養成クラスの受講を免じられ、会長認定により講師会員として入会できる。
  3. 師範会員と同等以上の技術及び経験があっても、師範会員になるには、協会の師範養成クラスを終了し、師範認定を受けなければならない。

第5条 会員の資格

  1. 会員は協会の会則の内容に同意し、入会申込書を提出し年会費を納めている個人とする。法人、団体サークルなどの組織の入会は認めない。
  2.  会則に反する行動、年会費の滞納(2ヶ月)があった場合には、その会員の資格を失うものとする。

第6条 入会・会費

  1. 入会を希望するものは、入会時に入会金を支払わなければならない。
  2. 年会費は初年度については免除され、2年目からの支払いとする。
  3. 入会金は入会時に郵便振込み、年会費は入会1年後に銀行口座引き落しとする。
  4. 講師養成クラスの受講者は、一般会員に入会しないと受講できない。
  5. 入会金・年会費は別紙に定める金額とする。

第7条 講師・師範の認定セッション

  1. 公認の講師・師範養成クラスを終了し、それぞれの認定セッション(1次・2次)で合格した者を、講師・師範と認定する。
  2. 講師の1次認定は養成クラスの担当講師が行う。担当講師が師範会員でない場合は、協会が推薦する他の師範会員が1次認定を代わって行う。
  3. 講師の2次認定及び師範の認定は、本部師範講師が行う。本部師範講師は30人以上の講師養成経験のある師範講師の中から、協会会長及び理事長が任命する。

第8条 教材・用具の購入と販売

  1. 教材・用具は(株)アシーナ、(株)日本ヴォーグ社、及び協会が認定した小売店で販売をする。
  2. 一般会員は定価購入とする。
  3. 講師及び師範会員カードを提示した場合、講師会員は定価の75%、師範会員は定価の70%購入とする。(但し、一部掛率の異なる場合も有り。)
  4. 講師及び師範会員は自己の所有するクラスの一般会員に限って教材・用具を販売することができるが、他のメーカー、卸問屋、小売店、専門店、通販会社、フリーマーッケットなど販売利益を目的とする団体に販売することはできない。
  5. 講師及び師範養成クラスの教材は、協会の認定を受けたものに限る。他からの持込による材料と素材は認められない。

第9条 教室の開設

  1. 講師会員は講師養成クラスの教室を開設することができる。
  2. 師範会員は、講師養成クラス及び師範養成クラスの教室を開設することができる。
  3. 講師及び師範会員はカリキュラムを終了する前には講師育成クラス及びそれに準じたクラスを開講し、指導することはできない。だだし、作品の発表はできる。

第10条 作品の販売

  1. 会員は作品を店頭やネット上で販売することができるが、講師・師範養成クラスで学んだカリキュラム作品については、販売はできない。(一部のデザイン、素材を変えての販売も不可。)
  2. 販売する作品は、オリジナルデザインの作品で、作品のクオリティ及びその販売価格については各自の責任の元に行う。

第11条 体験会の開催

  1. 講師及び師範会員は生徒募集を目的とした体験会・一日体験講習会を、イベント会場、教室、小売店の店内などで開催することができる。

第12条 認定証・認定料

  1. 講師及び師範会員は、それぞれに講師会員認定証・師範会員認定証を本部に申請することができる。
  2. 認定を申請し、認められた場合は下記の認定料を協会に支払い認定証を受け取る。

認定料(税抜) アクセサリー講師認定料:¥10,000  講師認定料:¥30,000 師範認定料:¥50,000

第13条 カリキュラム作品の決定、改定、及び素材の変更

  1. カリキュラム作品内容の決定および改定については会長と(株)アシーナが話し合い決定をする。
  2. カリキュラム数についても、時代の変化等に対応するため、それを改定する場合は、会長と(株)アシーナが検討し決定をする。
  3. 上記の改訂などについては会報掲載によって、会員に知らせる。

第14条 理事長

  1. 理事長は(株)アシーナの代表取締役社長又は取締役が兼任する。
  2. 理事長退任後は、相談役として協会の運営に協力をする。

第15条 会長・副会長

  1. 会長1名、副会長2名の計3名を会役員とする。
  2. 会長、副会長とも師範会員の中から、師範、講師会員による選挙で選ばれた上位3名の中から、理事長が任命する。
  3. 会長、副会長の任期は3年とし、3年ごとに選挙を行い決定する。ただし、歴任はできるが、会長は最長12年、副会長は最長9年とし、それ以上の歴任、再任はできない。
  4. 会長は退任後、顧問として、会長、副会長を補佐し協会の運営に協力をする。
  5. 副会長は退任後、3年間は相談役として協会の運営に協力をする。
  6. 会長及び顧問は支部役員を兼務することはできない。

第16条 支部及び支部長、副支部長

  1. 北海道、関東、中部、関西、九州の5支部を設定する。
  2. 支部は各支部の師範、講師会員による選挙で、師範・講師会員の中から支部長1名、副支部長1〜3名を選出する。副支部長の人数は支部の会員数に応じて会長が決定をする。
  3. 上記役職の任期は3年とし、歴任及び再任は可能とし、歴任年数に制限をしない。

第17条 退会・移籍・休会

  1. 退会を希望する者は、退会届を提出するものとする。退会の場合は、協会発行の会員カードは返却し、会員の特典を受けることはできない。また、協会の講師会員、師範会員を名乗ることはできない。
  2. いかなる理由の退会であっても、すでに納められた入会金及び年会費は返還されない。
  3. 退会後のメタルエンボッシングアートの指導は可能であるが、講師及び師範養成クラスで学んだカリキュラムの指導はできない。
  4. 退会後、再入会する場合であっても、条件は初入会と同様になる。
  5. 事情により、住所など変更した場合は、移転先の教室に移籍することができる。養成クラス在籍中の移籍は、新住所で前クラスの終了時点の養成クラスを始めることができる。
  6. 海外転出などの特別な理由がある場合は、事務局の判断において休会を認める。休会中はその時点より年会費は免除されるが、指導などの講師活動はできない。休会を終了し会員に戻る場合は、協会に会員復帰届を提出しなければならない。

第18条 会則の改定

  1. 本会の会則は、諸般の事由により改定されることがある。
  2. 改定は、会長、副会長、支部長、副支部長、理事長の話し合いにより決められる。
  3. 改定については会報掲載によって、会員に知らせる。

* この会則は2007年3月1日に実施されました。
2017年1月1日に一部改定されました。